【Airbnbニュース】Airbnbとエアトリステイによる業務提携

Airbnbの新たな提携先

Airbnbは比較的歴史の浅い企業ですが、一流のサービスを提供しています。その秘密は他の企業と提携関係を結ぶことです。他企業の持つノウハウを駆使して、Airbnbは独自性と魅力が溢れるサービスを作り上げました。提携する大きな目的は、旅行者であるゲストを招くためです。用意した宿泊設備にゲストを招けなければ、収益に繋がりません。

ですが、今回の株式会社エアトリステイとの提携は、ゲストではなくオーナーのために実現させました。オーナーというのは宿泊先を用意して、Airbnbに登録している存在です。オーナーが魅力的な物件を用意できれば、Airbnbは苦も無く集客をできます。問題があるとすれば、魅力的な宿泊設備の提供は、素人の力では困難だという点です。

それをフォローするために提携したのが、エアトリステイだと言えます。エアトリステイは決められた区域に存在する旅館に対して、代行サービスを提供しています。具体的には旅館の管理業務全般です。管理業務を一任することで、旅館の持ち主の業務を最低限の量にできます。それをのオーナーに対して実施するのが、Airbnbの狙いです。彼らはワンストップ対応の実現が理想だと回答しています。

エアトリステイが中心

Airbnbはエアトリステイと手を結びましたが、実のところ通常の旅館業と同じ感覚でサービス提供ができません。通常の宿泊設備とは違って、Airbnbで貸し出される住居は、宿泊に向いているとは限らないからです。Airbnbの利用者の声を拾い上げて、それを宿泊設備に反映する必要があります。完成している旅館でサービスを提供するだけではないのです。

だから、エアトリステイの提携が決まると同時に、Airbnbは複数の企業とパートナー関係を結びました。例えば、宿泊設備のインフラ面が問題になっている場合、通信サービスのプロが不可欠です。ゲストの数を増やすためには、ウェブサイトに魅力的な資料を掲載しなければなりません。それにはプロの写真家が撮影した参考画像や魅力の伝わる文章が大切です。Airbnbに登録される物件は使っていないものが多いため、家電や家具が老朽化していることがあります。それらの購入やレンタルを考えるのも必要です。以上の様に、通常の旅館業には存在しない業務が、Airbnbのサービスでは発生します。

そうなると、エアトリステイは不要に見えますが、実はそう単純な話ではありません。前述したスペシャリスト達は、旅館業に対する理解が浅いのです。旅館業に向いたサービスに形成できるとは限りません。それを成し遂げるには、旅館業を熟知している総括する存在が必要となります。だから、Airbnbはエアトリステイを提携先に選んだのです。Airbnbがエアトリステイに期待するのは、各パートナーとの連携を円滑にするための潤滑油的な役割です。

オーナーの負担を軽減

現在におけるAirbnbのオーナーは、利益よりも負担の割合が大きくなっていると評されています。Airbnbは不動産活用による所得に区分されるため、いわば不労所得です。ですが、現在のAirbnbのオーナーは、ゲスト対応に忙殺されています。

それらのフロント業務を全面的に行うのも、エアトリステイです。例えば、Airbnbではマニュアルの用意が重要だと言われています。Airbnbのゲストが好きなように宿泊設備を利用したら、老朽化が進行するからです。経年劣化によって建造物の寿命が著しく短くなります。だから、ゲストに大切に使ってもらうためのマニュアル作成は、気を配らなければなりません。それはオーナーに多大な負担を与えます。ですが、エアトリステイの協力を得れば、ひと声かけるだけで問題は解決します。他には住宅設備を利用した後の清掃業務についても同様です。消耗品の補充なども決められたメニュー通りにこなしてくれます。

上記のサービスは、一度頼めば自動的に行ってくれるものです。ですが、Airbnbとエアトリステイの提携によるワンストップ対応は、あらゆるケースを想定しています。よって、オーナー側で改善点を見つけた場合、エアトリステイに連絡することで問題を解消するのも可能です。

パートナーについて

エアトリステイが指示を出していくパートナーに関しては、Airbnbが厳選した信頼の置ける企業だけで構成されています。

例えば、通信サービスに関することは、ソフトバンク株式会社の役割です。法律に関する問題が持ち上がったら、SATO行政書士法人が担当します。インテリアの提案はスタジオアンビルト株式会社です。インテリアの主役である家具は、モダンデコ株式会社が提供します。家電はビックカメラが協力を約束しています。CCCマーケティング株式会社は、マニュアルやウェブサイト用の写真撮影が仕事です。清掃・リネン交換は、西新サービス株式会社が担います。別のタイミングで契約した企業ですが、損害を受けた場合には損害保険ジャパン日本興亜株式会社が相談に乗ります。

以上の様に、様々な企業がAirbnbのパートナーとなりましたが、それらを管理できるのはエアトリステイを置いて他にいません。