【Airbnbニュース】Airbnbが航空会社と協力関係を結ぶ

航空会社と提携

大手民泊企業であるAirbnbは、様々な企業と協力関係を結んでいます。Airbnbの需要が拡大するにつれて、同社のキャパシティの許容量を超え始めたからです。全く別ジャンルの企業と包括的提携関係を結び、新たなサービスを始めることが近年におけるAirbnbの戦略だと言えます。

そして、2017年の11月、Airbnbは航空会社と業務提携を結ぶことになりました。航空会社とは日本国内最大手である全日本空輸(ANA)と、近年急速に普及している格安航空会社であるPeach Aviationです。両社にとってもAirbnbとの提携にはメリットがあるため、業務提携の話は円滑に進みました。今回の提携の発表と同時に、各社のウェブサイト上には特設サイトが設置されています。

Airbnbの狙い

Airbnbが航空会社と手を結んだのは、ゲストのメインの移動手段が飛行機だからです。近年で海外旅行を趣味にする層は、必ず航空会社を利用すると言っても過言ではありません。飛行機による移動は、速度と安全性が他の移動手段と比べると格段に優れています。それ故に、移動方法そのもにこだわりがある特殊な旅人でない限り、航空会社を経由してAirbnbを利用します。よって、航空会社と協力関係を築くだけでも、Airbnbのメリットがあるわけです。航空会社がAirbnbの広報活動を手伝うだけでも、余りある利益を期待できます。

前述したのはAirbnbにとっての当然ともいえるメリットですが、実は他にも狙いがあります。それは前述した特設サイトです。ANAやPeach Aviationに設置されたサイトを経由して、Airbnbを利用するとユーザーは特典を受け取ることができます。この方法はインターネット上での広報活動における定石です。別のウェブサイトにリンクを貼ってもらい、成果が出た場合にのみ成功報酬を支払います。集客力のあるウェブサイトにリンクを貼るだけで、爆発的に収益が伸びるケースも珍しくありません。ましてや、Airbnbが手を結んだのは最大手であるANAと新進気鋭と評されているPeach Aviationです。個人が掲載するよりも、遥かに大きな広告効果があります。

そして、特設サイトは一種類だけではありません。AirbnbとANAが協力して用意したものがあります。通常のインターネット広告は、依頼主に対して報酬が支払われるのが普通です。しかし、この特設サイトではAirbnbとANAの両方に報酬が支払われます。AirbnbとANA、2種類の顧客層が利用する可能性があるため、集客力が大きいのは確かです。それによる利益拡大も、Airbnbの大きなメリットです。

航空会社の狙い

前述したインターネット広告による戦略は、Airbnbに広告を掲載することで、航空会社側にもメリットがあります。ただし、Airbnbと共同で開発した特設サイトに関しては、Peach Aviationが絡んでいません。以上の様に、同じ航空会社と言っても、今回の提携によって得られるメリットには若干の違いがあります。

そもそも今回の提携は、ANAがAirbnbに話を持ち掛けたのが発端でした。経営破綻を迎えてしまったライバル企業であるJALとは違い、手堅い戦略で成長を続けてきたのがANAです。しかし、旅行業界の情勢は激動の変化を続けており、一社の努力だけでは安定経営が難しくなってきました。そこで、これまでと全く異なる宿泊サービスであるAirbnbに声をかけたのです。Airbnbの持つ全く新しい発想に、ANAは大きな期待を寄せています。そして、それは格安航空会社という全く新しい形態であるPeach Aviationに対しても同様です。

Peach AvitationはAirbnbと一緒にANAから提携の誘いを受けました。彼らは格安航空会社としては新参者です。それ故に、同業社とのサービスの競争に不安を抱いていました。そして、その状況を良くするために考案されたのがC2C型の旅予約サービスである『COTABI』です。C2C型というのは個人が提供するサービスを個人が利用します。航空会社のサービスで表現すると、個人が考えた旅行プランを個人が実行するというものです。

『COTABI』は2018年の春から開始される予定ですが、Peach Aviationには不安があります。それは移動プランに精通していても、旅行プランのノウハウが足りない点です。だから、様々な旅行プランと関わっているAirbnbのノウハウは、喉から手が出るほど欲しいものだと言えます。

クーポンとマイルの特典

Airbnbや航空サービスの利用者には、今回の提携によって得られる利益があります。それはクーポンとマイルです。クーポンはAirbnbの新規予約で使えるものを指します。特設サイト経由でAirbnbを利用すると、1人あたり3000円のクーポン券を貰えるのです。そして、ANAマイレージクラブ会員であれば、同時に最大200マイルまで貯まります。

注意しなければならないのは、今回の提携によって得られるのが日本国内限定である点です。海外ユーザーも利用できますが、日本のAirbnbに登録されている物件数は58000件です。まだまだ実験段階のサービスであるのは否めません。ただし、良い結果が出れば、他国でも同様のサービスが開始されると予測されています。