民泊撤退はすぐにできる?撤退ボトムのサービスの流れ!

民泊撤退はすぐにできる?撤退太郎のサービスの流れ!

撤退ボトムの民泊撤退のサービスの流れは非常に合理的!

撤退ボトムという今話題の代行業者をご存知ですか?

民泊を競合ホストの多い東京で営んでいる以上、やむを得ない理由から民泊を諦め撤退を決意する時が来るかと思います。
民泊からの撤退作業は思ったよりも面倒なことが多く、「こんなはずじゃなかった」と嘆く人が多いことで知られています。

撤退ボトムはそんな面倒な撤退作業を代行してくれる画期的なサービスなのですが、そのサービスの内容が民泊からの撤退に適しており合理的であると話題を呼んでいます。

ここではそんな撤退ボトムを紹介すると共に、サービスを利用した際の流れを簡単に説明させていただきます。
記事を呼んでいざという時のために備えておきましょう。

airbnbと一緒に利用していた転貸許可物件からの退去日を決めよう

まずはとにもかくにも撤退を結構する転貸可能物件からの退去日を決める必要があります。
民泊で利用していたairbnb可能物件からの退去には通常物件からの退去と違い、既に予約が入っているゲストとの兼ね合いや、民泊を円滑に運営するために利用している代行業者との兼ね合い等考慮すべきポイントがいくつか存在します。

当然それらを考慮した上で無理の無い退去日を普通は選択する必要があるのですが、撤退ボトムを利用するのであればその必要はありません。
ここで決める退去日は最も理想とする退去日で一切構わないのです。

というのも撤退ボトムはairbnbの運用をうまくしてくれる代行業者に勝ると劣らない民泊に関する知識を持っています。
撤退ボトムは退去のスペシャリストではなく、民泊撤退のスペシャリストなのです。
民泊から撤退する上で生じるairbnb管理代行業者との兼ね合いやゲストの予約と退去日のブッキングといった問題を解決するためのノウハウを持っています。
民泊に関係する多少の無理であればなんとかなる場合が殆どなのです。

撤退ボトムという大船に乗ったつもりでまずは軽く理想とする退去日を一日設定してしまいましょう。

公式サイトまたはラインアプリを使って民泊撤退について問い合わせをしよう

理想とする退去日が確定したら次は撤退ボトムに問い合わせと相談を行いましょう。
現在撤退ボトムでは公式サイトの他にもLINEのアプリを使って問い合わせをすることができます。

問い合わせで必要な情報はとても簡単で、連絡先と名前、そして簡単な物件情報の三点のみです。
撤退ボトムは問い合わせから3日以内の退去日であれば対応することができますが、その分価格が高くなってしまいます。
できれば退去を予定している日付よりも10日は速くお問い合わせしたほうがよいでしょう。

また、airbnbの運営を代行サービスに一任していることや、清掃を代行業者に任しており部屋状況が分からないことなど、何か気がかりな点があるのであればその点も合わせて連絡、相談することが可能です。
撤退ボトムは民泊撤退のスペシャリストです。
民泊が可能な物件ではない、またはairbnbの管理を代行業者に任せており予約とのブッキングが起こってしまう可能性がある等、何か不安要素がある場合でも気軽にお問い合わせをしていきましょう。

立ち会いいらず、無料でairbnbの賃貸の下見をしてもらおう

問い合わせをしたら後は基本的にはすべきことはありません。

下見は立ち会いが不要な上、無料で行ってもらうことができるため撤退ボトムから見積もりの詳細が届くのを待つのみで大丈夫です。
撤退ボトムが見積もりしている間にできた時間を使ってエアビーの管理を任せていた代行業者への連絡などを行うことができます。

もしも下見に立ち会いたい場合はその旨を伝えておけば当然下見に立ち会うことが可能です。
撤退ボトムに全て任せるか、それとも立ち会って一緒に下見を行うか自分の都合で決めてしまいましょう。

後はairbnbの賃貸物件がからっぽの報告写真が届くのを待つだけ!

撤退ボトムによる撤退作業はとても素早くたった一日で行われます。

見積もりに対してOKを出した後は本当に何もすることがありません。
退去日当日も立ち会う必要が無いため後は撤退ボトムから作業完了の報告を待つだけでよいのです。
撤退ボトムから作業完了の報告をもらったら晴れて民泊からの撤退作業は終了になります。

さて、撤退ボトムの提供するサービスの流れをここまで把握したことで気がついた人もいるかもしれせん。
撤退ボトムを利用して今までairbnbと共に投資してきた民泊から撤退する場合、最初のお問い合わせしか実作業が無いのです。
問い合わせをした後は本人が望まない限りなんの作業もする必要が無いのです。

そしてそれはエアビーアンドビーに関する様々な代行業者を利用していたとしても変わりありません。
撤退ボトムを利用した場合、非常に面倒くさいはずの撤退作業が全て座っているだけで完了してしまいます。

現在全国的に開催されているairbnbセミナーではairbnbで使える物件探しのコツなどと一緒に撤退ボトムのことも紹介しているそうです。
もしも民泊から撤退することがあれば是非とも利用してみてはいかがでしょうか?

Airbnb(民泊)撤退と思ったら!撤退ボトムにお任せ下さい!

Airbnb(民泊)を始めてみたけど、思うようにいかないことってありませんか?
そんな時は弊社サービスである撤退ボトムにお任せください!

Airbnb(民泊)撤退はもちろん、家具の買取もしております。
また、遺品整理、空家の片付け、ゴミの回収まで幅広くサービスを提供しております。

お問い合わせは下記リンクのフォームからご連絡くださいませ。
http://textlr.org/tettai_form_top/